Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

当ブログのおススメ&人気記事

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

【障害児】療育って何?療育の費用は?お金かかるの?

発達障害の息子が担当医からギフテッドと言われました。ギフテッドとは??

アスペルガー症候群=ギフテッド2Eな息子について【ギフテッドはただの天才ではない?!】

広告

【トイトレまとめ】発達障害3歳息子のトイレトレーニング

トイレトレーニングまとめます。
息子は自閉症スペクトラムで、警戒心が強いタイプです。同じような特性の子や、なかなかトイトレが進まない子にお勧めの方法です。

①オマルを用意する必ず足がつくように、持ち手があるものがよい。
思いきってリビングなど目につく所に置くのがおすすめです。

②普通のパンツを10枚くらい買うトレーニングパンツはダメで、漏らしまくりを覚悟する。

③母は張り切りすぎない普段と違う雰囲気を出さない事。母がギラギラしていると子どもはますます警戒します。普通にオマルを設置し、普通にパンツはかせ「お兄ちゃんトイレと、お兄ちゃんパンツですが、なにか?」くらいの態度で。子どもが自ら興味を示してきたら軽く説明する程度にしましょう。
  
④とにかく漏らしまくりでオッケー何回でも、漏らしてください。じゃんじゃんどうぞの気持ちを保つ。
コインランドリーのお金がかさむことを覚悟しましょう。

⑤ オマルに誘う漏らしたあとでも良いし、機嫌が良いときなど、いつでも。初めて誘う日はしつこくしたらダメです。

⑥再び何回でも漏らす
漏らす!布団が濡れる!絨毯も濡れる!なんなら、ウ〇チもパンツにする!何でも来い!!の姿勢を保つ。
心の中でキレましょう。

簡単にまとめるとこんな感じです。

とにかく「ほら〜〜お兄ちゃんパンツだよ、 かっこいいね〜〜!」「頑張ろうね〜〜〇〇君には出来る!」など、母がテンションあげすぎないように気を付けましょう。

これを言った1年前の自分ドンマイ。

不安や警戒心が強いタイプにはさりげなさが大事です。3歳頃はイヤイヤ反抗期なので、はりきり過ぎると逆効果になりそうですよね。
オマルに誘ったりは、パパやおばあちゃんにお願いするのもありですね。母には反抗します。

もう何日経ってもダメなときは辞める潔さも必要です。
警戒心が薄れないときはトイトレをするタイミングではないし、子どもの心の成長がまだトイトレを受け入れていないかもしれません。発達障害じゃなくても、4歳でおむつがとれた子も珍しくありません。
「まぁダメなときはまた来年でいっか」と始めるまえからそう思っていると気が楽です。

「トイレとパンツ用意してみたけどどう? する?しない?するならどうぞ。 しなくてもいいよ〜 どっちでもお好きなように。」
この程度の心意気でいいと思います。


このやり方は療育の先生が教えてくれたので、効果が期待できますし、息子はこれでおしっこ出来るようになりました。今ではパンツのときはオマルで、オムツのときはオムツでと、自由自在です。しっかりコントロール出来てきました。

ウンチはまだオマルで出来ないので、パンツの中でもオムツの中でもご自由にどうぞ状態ですが。(パンツを洗う気分じゃないときは、容赦なくパンツごと捨てます。)オムツを完全に卒業できるように気長に頑張りましょう。


関連記事と人気の記事です。

www.chantam.link