Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

当ブログのおススメ&人気記事

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

【障害児】療育って何?療育の費用は?お金かかるの?

発達障害の息子が担当医からギフテッドと言われました。ギフテッドとは??

アスペルガー症候群=ギフテッド2Eな息子について【ギフテッドはただの天才ではない?!】

広告

【保存版】発達障害の種類と特性

発達障害にはどんなものがあるのか?

それぞれの障害にどんな特性があるのか?を書きます。

発達障害のお子さんをお持ちのお母さん、発達障害のお子さんがいるのに全然知ろうとしないお父さん、発達障害って何?と思っている方、発達障害は「障害ではなく、親の育て方や愛情不足じゃないの?」と、時代錯誤な考えをお持ちの方、ぜひ読んで知ってください。

f:id:chantam:20161204005123p:plain

大きく3つに分かれます。

  1. 広汎性発達障害(PDD)
  2. 学習障害(LD)
  3. 注意欠陥・多動性障害(ADHD)

上記3つは細かい分類に分かれます。

1.広汎性発達障害(PDD)

  • 自閉症
  • アスペルガー症候群
  • 特定不能の広汎性発達障害
  • 小児期崩壊性障害
  • レット障害

※自閉症、アスペ、不特定、崩壊性をまとめて自閉症スペクトラムと呼ぶ。

※知的障害を伴うこともあるし、知的IQが凄く高いこともある。

 

2.学習障害(LD)

  • 特定不能の学習障害
  • 読字障害
  • 算数障害
  • 書字表出障害

 

3.注意欠陥・多動性障害(ADHD)

  • 多動性.衝動性優勢型
  • 不注意優勢型
  • 混合型

 

同じ診断名でも特性の現れ方は全然違う

聞きなれない言葉も多いですよね。

このように種類もたくさんある発達障害ですが、例えばアスペルガーという診断名が同じでも、特性の現れ方は人によって全然違います。だからややこしい上に、判断が難しいんです。

複数の発達障害を併せ持っている場合も珍しくありません。例えば『自閉症スペクトラムと学習障害とADHD』などです。

そのため、発達障害者本人を取り巻く人たちに理解を求めるのも難しく、周囲からは誤解を受けやすいのです。

発達障害という言葉自体はメジャーになってきましたが、発達障害児育児をしている親は理解されずに辛い思いをすることも多いでしょうし、本人にとってはさらに生きにくく、辛い思いをすると思います。

 

私の息子(3歳)は自閉症スペクトラムです。

全ての人に理解されたいとは思いませんが、息子の特性を理解してもらえる環境で生きていけたら、それは息子自身にとって有り難い事です。

 

こんなにややこしい発達障害をどう捉えるか、息子を育てる上で常に考えています。

広く幅広く大きく『個性』として受け入れることが1番分かりやすいのでは?と思っています。

 

次の記事からはそれぞれの種類の(代表的な)特性を書いていきます。