Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

当ブログのおススメ&人気記事

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

【障害児】療育って何?療育の費用は?お金かかるの?

発達障害の息子が担当医からギフテッドと言われました。ギフテッドとは??

アスペルガー症候群=ギフテッド2Eな息子について【ギフテッドはただの天才ではない?!】

広告

赤ちゃんの為の部屋づくり 気を付けたい7つのこと

こんにちは。

子どもは部屋にある物で予想もつかない遊び方をします。我が子はこの前、米びつに大量のビー玉を入れて米とビー玉を混ぜるという遊びをしていました。その前はベッドと壁の隙間に小さいビーズを大量に投げ込んだりもしました。嗚呼悲惨。何だかおとなしいな〜と感じるときは、トンデモナイ事をやらかしている場合が多いです。こんなときも、すごい!米びつ開ける事が出来るようになったのね!すごい!ベッドの隙間に気づいたのね!と前向きに考えて自分の怒りを抑えています。その他家電製品は壊されるのを前提に考えていた方がのちのちストレスがありません。

では、本題に入ります。

今回は「子育てしやすい部屋作り」気を付けたい事についてです。

f:id:chantam:20161028114954p:plain

物は置かない事が前提

赤ちゃんは自分で移動出来るようになると、色んな者を拾って口に入れるので、基本的にはシンプルな部屋がオススメです。赤ちゃんの口に入りそうなサイズの物は手が届く所に置かない。これが大前提です。では、具体的に被害に遭う物や気を付けたい事を書いていきます。

 

テレビのリモコン

これはあるあるですが、母がリモコンを操作していると絶対に触りたがり、舐めまくります。多少舐められる位では壊れません(実証済み)が、リモコンはばい菌が沢山ついてます。なので常に清潔に、そして潔く舐めさせましょう。

オムツ替えの時など持たせておくと大人しくなるアイテムです。

 

テレビそのもの

これもあるあるですが、テレビにめちゃめちゃ近づいて見たがります。テレビがついていなくても画面を叩くのは当たり前で、舐めたりおもちゃで叩いて音を楽しんだりします。拭いても拭いても指紋やヨダレで曇ります。我が家は古いプラズマテレビですが、プラズマの画面に比べて液晶テレビの画面は弱いので壊れやすいそう。液晶テレビの場合、画面をガードした方が良いです。それと、小さめの軽いテレビは倒されます。悲惨です。

 

DVDレコーダー

ボタンを押すとDVD入れる所が出てくるタイプは確実に壊されます。「ボタンを押し戻すときは手で無理やり押す」を繰り返します。そしてレベルが上がってくると様々な物を突っ込みます。DVD2〜3枚同時に入れたりは朝飯前で、タオルを入れたりおもちゃを入れたりして無理に戻そうとするので壊れます。我が家は何が入ったままかは謎ですが、開かなくなりました。

DVDを見せるときはディスクが吸い込まれるタイプがオススメです。

 

テレビ台は扉付きが吉

テレビ台には、ルーターやDVDレコーダーやゲーム機など赤ちゃんにとってヒャッハーとなるアイテムだらけです。コントローラーも大好き、ボタンが大好き。コードも抜きまくります。だからテレビ台は扉付きで施錠する方が良いです。施錠は赤ちゃん本舗や西松屋などで赤ちゃんのイタズラ対策として売っていますが、そのうち力ずくで開けたり器用に施錠を解除出来るようになります。安いものは単純な仕組みで赤ちゃんや子どもにもすぐ解除されるので、ケチらずに高めの施錠を取り付けるのがオススメです。

 

オシャレの為のインテリアは高い位置に

例えばディフューザーやアロマキャンドルなどオシャレの為に飾ってあるものは全て撤去しましょう。もしくは、絶対に届かない位置に置く方が良いです。

 

自動開閉する空気清浄機は壊れる

赤ちゃんや子どもがいると空気清浄機はあった方がいいです、動き回るのでホコリが増えます。我が家の空気清浄機は汚れ度合いによって吸気口と排気口のパネルが開いたり閉じたりする優秀な空気清浄機です。空気清浄機がロックオンされるとそのパネルを無理やり開いたり閉じたりするので、機能はしていますが自動開閉のときプルプルと小刻みに震えております。壊れる日も近そうです。空気清浄機は届かない位置に置くのは無理なので、高性能は諦めて安めの価格の物を置いた方が吉。ボタンはチャイルドロックがついているので大丈夫です。

 

キッチンでフィーバー

赤ちゃんは、赤ちゃん用のおもちゃより空のペットボトルやタッパーが大好きです。お鍋やお玉、しゃもじも大好き。特にしゃもじは人気が高いようです。キッチンには面白いアイテムが沢山ですが危険な場所なので、キッチンごとゲートで囲んだほうが良いです。後追いの時期などキッチンに立つと泣いてしまう場合、お鍋やボウル、タッパーやお玉やしゃもじを渡すと大人しく遊びます。おもちゃのお鍋より、本物の質感がたまらないみたいです。洗い直すのが面倒ですが、舐めるもよしお鍋を叩いて音を出すのもよしで、高いおもちゃより優秀なアイテムでした。食器など割れるものは危険です。

 

物がない方が良い1番の理由

シンプルな部屋が良い1番の理由は、子どもがいるととにかく埃っぽくなるからです。這いずり回り動き回りますし、レベルが上がると高い所から飛び降りたり走ったりするのでホコリがすんごいんです。掃除も好きなタイミングで出来ない事も多いので、なるべくシンプルに掃除しやすい部屋をオススメします。

 

まとめ

触ったらダメと注意するより、興味がある物を全て触らせる育て方が理想だと思います。赤ちゃんは全ての体験が成長に繋がります。触られたくない物は目の付かない所にしまいましょう。そうこうしているうちに部屋が殺風景になってくる反面、カラフルなおもちゃやキャラクター物で溢れかえってきます。長い人生のたった数年の事なので、我慢です。そのうちアンパンマンが愛おしくなります。

色んな意味で育児は忍耐だなぁ。

 

お読みいただきありがとうありがとうございます。