Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

当ブログのおススメ&人気記事

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

【障害児】療育って何?療育の費用は?お金かかるの?

発達障害の息子が担当医からギフテッドと言われました。ギフテッドとは??

アスペルガー症候群=ギフテッド2Eな息子について【ギフテッドはただの天才ではない?!】

広告

3歳で自閉症スペクトラムの診断がつくまでの流れと特性

現在4歳の息子は自閉症スペクトラムです。

3歳のときに専門医(療育センターの内科の先生)に診断されました。

  • 診断が曖昧(グレーゾーン)のまま不安
  • 子供の発達障害を疑っている

このような状態でモヤモヤしている保護者の方は多いと思います。

今回は息子が『自閉症スペクトラム』という発達障害だと診断されるまでの流れ(前半)と、その時々での息子の成長や特性などをまとめていきます。

前半は「疑い始め~療育センターへ」編です。

 

診断までの経緯

まずは簡単に経緯を書いていきます。

■1歳半 → 私が違和感を感じ出す

■2歳過ぎ → 自治体の子育て相談に行く

■2歳半過ぎ → 発達検査後、療育センターへ

■3歳直前 → 週2回の療育開始

■3歳10か月 → 診断

■4歳 (年少)→ 障害児通園施設に入園 ←今ここ

簡単に流れを書くとこのようになります。

疑い始めから現在までのことを、特性や私の気持ちを交えつつ詳しく書いていきます。奇声や偏食や感覚過敏など、これぞ発達障害の特性!エピソード満載です。

 

発達障害を疑い始めたきっかけと赤ちゃん期

発達障害を疑い始めたのは1歳半頃です。1歳半検診では引っかかりませんでした。発達障害を疑い始めたきっかけは、数字に執着するようになったからでした。

カレンダーやスーパーなどで数字を見ると、異様に興奮した様子の息子。

あれ?なんか変じゃない?と思いました。インターネットで【1歳 数字が好き】と検索しました。

※こちらの記事にさらに詳しく書いています↓

www.chantam.link

 

思い返してみると、赤ちゃんのときもすごく大変なことが多かったんです。寝ない、食べない、飲まない、奇声・・・初めての子育てだったので当時は「こんなもんかな」と思っていましたが、今思うと普通じゃなさすぎでした。

感覚過敏から、離乳食が進まない、白ご飯しか食べない、掃除機の音に泣き叫ぶ、極端な人見知り・場所見知りもありました。

 

自治体の子育て相談へ

2歳すぎ(暗黒期)違和感ありありの息子、とにかく奇声をあげ、外出も億劫な時期でした。

執着していた数字も、この頃には100まで覚え(英語でも言える)、ひらがな・アルファベットも覚えていました。

警戒心と不安感が強く、話しかけられると奇声をあげ、慣れない場所でも奇声をあげ・・・ついに私の心が折れた出来事があり、子育て相談に電話しました。

※心折れた出来事はこちらの記事へ↓

www.chantam.link

電話で話を聞いてもらい、面談の予約を取りました。これだけでも気持ちがすごく楽になったのです。

 

療育センターを紹介される

自治体の面談と、その後様子見のため、月1回の親子教室に通いました。3回通ったあと、専門家の先生(心理士さん)と面談があり、発達検査を受けました。検査の結果、発達の凹凸が大きい・極端に偏った興味(数字)・感覚過敏などの特性で療育センターを紹介されました。

この時点で、2歳半くらい、暗黒期は続いていました。

早期療育へ繋がった

思えばここが大きな選択のときでした。

「療育センターに行ってみますか?息子さんはまだ小さいので、このままもうしばらく様子見しますか?」

心理士さんにこう聞かれたとき、一瞬迷いました。が、もう母親としての自信も崩壊していてノイローゼ気味だったので、「このまま様子見、無理!!」と療育センターに通う道を選びました。

あくまでも「親の選択次第」な所は大きいです。発達障害は「親が認めれば」障害ですが、そうでなければ健常児です。困るのは子ども本人なのにね。

f:id:chantam:20170607233425p:plain

療育センターへ踏み込む

療育開始までは、

  • 療育センターに面談に行く
  • 定員オーバーですぐには療育は開始できない
  • センターの内科を受診(予約待ち長い)
  • 障害児受給者証の発行手続き
  • 続く暗黒期

など、忙しかったです。

公的な療育機関なので、定員いっぱいですぐに療育が始められなかったり、内科の予約が数か月待ちだったり、受給者証というものを初めて知ったり、色々な情報を知り何かが大きく変わっていった時期でした。

息子はと言うと、奇声・偏食・感覚過敏・数字への執着など、相変わらずでした。逆さバイバイ(手の平を自分に向けて手を振る)や、クレーン(私の手を使っておもちゃを取るなど)といった自閉症の特性が強く出たのもこの頃です。

※受給者証について↓

www.chantam.link

 

一旦まとめ

長くなったので、続きは次の記事に書きますね。(療育に関しては、いくつか記事を書いていますので、良かったら過去記事を見てみてください!)

※過去記事一覧はこちら↓

記事一覧 - Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

 

ここに書いてある息子の特徴と当てはまるからといって、発達障害だとは限りません。ここ最近テレビで発達障害の特集があったり、発達障害がメジャーになってきているので、「うちの子、発達障害では?」と過剰に不安になる保護者の方が増えているそうです(園長談)。

でも2~3歳位の時期は、

  • 好き嫌いがあって当然(偏食)
  • 好きなものに熱中する(こだわり)
  • 自己主張・わがままは当然ある
  • 落ち着きがない(多動っぽい)
  • 言うこと聞かない(言葉が通じない?)

など、発達障害の特性か?と疑いたくなるような時期です。心配しすぎて極端に不安になりすぎないようにしてくださいね!

親が不安で心配しても、目の前の子どもが急に変わるわけではありません、今だから言えるのですけど。

気になることがある場合は、自治体の福祉課や、児童相談所の電話相談をおすすめします。専門の人に話を聞いてもらうと、何となく気持ちがすっきりします。

では、後半の「療育開始~現在まで」の流れをまた更新します。

広告
 

 

読者登録と応援クリックお願いします。


にほんブログ村

 

その他おすすめ記事です。

www.chantam.link

www.chantam.link

www.chantam.link