Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

当ブログのおススメ&人気記事

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

【障害児】療育って何?療育の費用は?お金かかるの?

発達障害の息子が担当医からギフテッドと言われました。ギフテッドとは??

アスペルガー症候群=ギフテッド2Eな息子について【ギフテッドはただの天才ではない?!】

広告

「旦那が子供の障害を理解してくれない!」 という悩みと解決策

3歳の息子は自閉症スペクトラムです。

「夫が子どもの障害を理解してくれない」と悩んでいる方も多いと思います。

発達障害の子供を育てる上で重要なのは、子どもと母親を取り巻く環境と身近な人(特に夫)の理解ですよね。

今回は、自閉症スペクトラムの息子に対して「夫がどのように理解し、受け入れているのか」また、「夫の理解を得る為に私が工夫したこと」について書いていきます。

 

夫の理解は超重要

最も身近な存在である夫(パパ)の理解と協力があるかないかでは、気持ち的にも大きく変わってきますよね。また、子どもとの接し方などで、これだけはダメ!!というのも分かっておいてほしいです。

療育仲間のお母さん達も「旦那の理解が得られない」とか「旦那が協力しない」などの愚痴をよく聞きます。我が家の夫も、今でこそ協力的で発達障害について理解していますが、ここに至るまでに沢山たくさん喧嘩もしてきました。

もう、まじで。

f:id:chantam:20170317221754p:plain

母親に比べると父親は実感が薄い

息子が1歳半で数字に目覚めた時から、細かくいえばもっと前から、私は成長に違和感を感じていました。

しかし、それを夫に伝えても「そう?」という薄い反応でした。子供と常に一緒にいて、細かい所の成長を目にするママに比べ、パパは細かい部分まで気づけないようでした。子どもと一緒にいる時間が違うため、当然ですよね。

ママがパパに言葉で伝えても、自分が見てない部分は 分かりずらく実感が薄いでしょう。

解決策は、第三者の意見を教える

私の説明では実感が湧かないようなので、ネットで発達障害についての記事を探し、読んでもらいました。「息子もこういう発達障害の可能性があるかもよ!」と意識してもらえるようにです。

 

面談などに同席してもらう

息子が2歳すぎのころ、自治体の子育て相談に行きました。ここには専門家の先生がいて、息子の状態を相談しました。そのときにパパも一緒に行ってもらいました。夫は隣に座って聞いているだけでしたが、いよいよ他人事ではないなと感じたはずです。

こういう場面に同席してもらうと、パパもより真剣になります。

ちなみに今の療育施設への見学や、入園のための面接や申し込みにも全て一緒に行きました。

※療育についての記事はこちら↓

www.chantam.link

www.chantam.link

 

療育へ一緒に参加する

息子は母子通園の療育に通っているので、何回か夫も一緒に参加しました。そうすると、『集団の中での息子』を目の前で見る事が出来るので、違和感や困っていることが分かりやすかったと思います。(息子の場合、集団の中に入ると問題が多く目立ちました。)また、療育の様々なプロの先生と直接話が出来るので、母親とはいえ素人の私よりも、先生からの言葉の方が説得力もあります。

 

当ブログを読んでもらう

夫にもこのブログを読んで貰っています。言葉ではうまく説明出来ない息子の特性や困難を、このブログを読むことで理解し易いようです。だからなるべく誰が読んでも分かりやすい言葉と文章を心がけています。

ブログじゃなくても、子どもの特性とそれに対するアプローチの仕方を紙に書いたりして、目で見て分かるようにすると効果的でしょう。

 

夫の息子に対する気持ち

夫はおおらかで楽天家です。

「障害があっても何も恥ずかしい事はないし、誰に何を言われようと関係ない。障害だろうが何だろうが、息子が可愛いことに変わりない」と、グレーゾーンの時から一貫しています。

捉え方によっては、呑気すぎない?と思いたくもなりますが、しかし、ブレない夫に支えられ私は息子の事に集中出来ています。

初めのうちは、息子の発達の違和感をイマイチ分かっていなかった夫ですが、今では私にとって、1番の理解者であり、相談相手であり、頼もしいです。

※夫の優しさについての記事はこちら↓

www.chantam.link

それでも喧嘩がなくならないのはナゼだ?!

 

妥協することも大切

夫はね、本当に人の話を聞いてないんですよね。だから妥協する事も大切かな〜と。

「私が息子の事に集中出来るように、最低限これだけしてくれたら良いから。」という妥協点を見つけると、「夫が理解してくれない〜〜キィィィ〜〜」ってならないです。

1割の期待と9割の諦め。ほぼ諦め。

 

まとめ

「なかなか旦那が理解してくれない!」と悩む方の参考になれたら嬉しいです。

妻が思っている以上に、夫は分からないものなのかもしれません。

同じ方向を向いて長い距離を歩く夫婦ですが、目線の高さまで合わせるのは、難しくて当然です。

 

あとは・・・

「色々一緒に考えてくれて、とっても頼もしいわ♡本当に感謝してる♡パパと結婚して良かった♡息子も素敵なパパで幸せだよね♡」とか、「この前の保育参観のあと、他のお母さん達がchantamさんの旦那さん優しくて素敵ね〜って言ってたよ!」など、適当にチヤホヤしてあげて、適当に持ち上げてあげるのも効果的ですな(-_-)

広告
 

 

その他のおすすめ記事です。

www.chantam.link

www.chantam.link

www.chantam.link