Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

当ブログのおススメ&人気記事

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

【障害児】療育って何?療育の費用は?お金かかるの?

発達障害の息子が担当医からギフテッドと言われました。ギフテッドとは??

アスペルガー症候群=ギフテッド2Eな息子について【ギフテッドはただの天才ではない?!】

広告

【発達障害】不器用な息子が作業療法の訓練で教えてもらったこと

3歳の息子は自閉症スペクトラムで、何かと手先が不器用で、身体のバランスも悪いです。右利きか左利きかも謎です。

もしかしたら『発達性協調運動障害』かも?と疑いがあり、通っている療育先で作業療法の個別の療育を受けることにしました。

※発達性協調運動障害についてはこちら↓

www.chantam.link

色々ありますねぇ・・・ホントに・・

今回は発達障害の息子が不器用で困っている事と、作業療法の訓練を受けて目から鱗の工夫の方法について書いていきます。

 

不器用で苦手なこと

息子が不器用で困っていることは、

  1. そもそも右利きか左利きか定まってない
  2. スプーンの使い方が下手
  3. コップで水を飲むのが下手
  4. ハサミを全く使えない
  5. クレヨンや色鉛筆で書けない
  6. ブランコに乗れない
  7. はしご(ジャングルジム)に登れない

このような事があります。まぁブランコに乗れなくても生きていけるけど、やはり他の子が普通に出来る事が出来ないと気になります。

気になる上記の事を療育先の作業療法士さんに相談して、クラス活動や給食の時間に見てもらい、後日個別で作業療法の訓練をする事になったのです。

作業療法士さんから見ての原因と解決するための工夫を教えてもらったので、1つずつ書いていきます。やっぱりプロは凄いです!!

広告
 

 

①右利きか左利きか不明

これは未だに謎です。例えばボールを投げる時、右手を使う事もあれば、左手を使う事もあります。フォークも同じく。お絵描きも同じくです。右利き左利きが自然に定まらない場合、3歳くらいまでは、どちらとも使う方が脳の発達には良いそうですが、息子は間も無く4歳なので、そろそろどちらか一方に定めないと、どちらとも発達が微妙になるとの事。

原因と解決策

原因はそもそも手を使った作業が苦手なためです。作業療法の個別訓練で、息子に色んなおもちゃを渡し、どちらの手をメインで使うかを見てもらいました。結果は右だそうです。左利きかと思っていたので、意外な答えでした。

作業療法士の先生曰く「どちらも微妙ですね〜でもどちらかというと右かな?って感じなので、これからは右で訓練していきましょう」とのこと。

よし!右手を鍛えるぞーと思っていたら、その日の夜にイチゴをフォークで刺すとき左手を使っていたのを見て苦笑いでした。

 

②スプーンの使い方が下手

息子は未だに食事を1人で食べません。食事自体にあまり興味がないのと、こぼれるのが嫌だから自分で食べたがりません。スプーンの持ち方なども離乳食完了期の赤ちゃんレベルです。

f:id:chantam:20170301163246p:plain

まだこんな風に持ちます。こんな持ち方でも上手く食べられるならこの際もう良いけど、上手く口に入れるのも微妙なんです。

【苦手(興味がない)だからしない→しないから苦手なまま】という負のループに陥っております!何事もそうなんです。おそらく失敗するのが嫌なんですね。

原因と解決策

そもそも食事に興味がない(極端な偏食あり)ので、上達しないそうです。・・・だよネ。

今後は右手に定め、正しいスプーンの持ち方をその都度教えて行く事になりました。口頭指示ではなく、毎回正しい持ち方で持たせます。(指の形を作ってあげる)

 

③コップで水を飲むのが下手

息子がコップで飲む姿を見ると、誰もが違和感を感じます。コップ、口から浮いてない?!と。

コップで飲めない訳ではないんですが、コップだと一口ずつしか飲めないんです。ゴクゴクゴクと続けて飲めないです。あと、口をずっと開けたまま水を口に流し込むんです。口をすぼめる事が出来ないんですね。(コップが口に付いておらず、浮いている時もある。むしろその飲み方難しくない!?)

原因と解決策

作業療法士さんに見てもらうと、まず、口をコップの縁に合わせてすぼめる事が出来ていないのが問題との事。あと、水を舌の裏側に溜めてしまうのも原因。コップ飲みのとき舌を上に上げてしまう為、喉に流しこめていないんですね。ストローだと水は自然に舌の上を通って喉に流れていくのでゴクゴク飲めるけど、コップだと舌の裏に溜めて、その後ゴックンとするから一口ずつしか飲めないんです。

なるほど〜細かい分析、さすがプロです!!

解決策は、コップにギリギリまで沢山水を入れてテーブルに置いたまま、すする練習をすると良いそうです。バイキンマンが実演します↓

f:id:chantam:20170301163331p:plain

これだと口をすぼめないと飲めないから、口をすぼめる練習になります。

あとは、レンゲやペットボトルなど飲み口が小さいもので練習しましょうとの事です。飲み口が小さいと、口をすぼめる練習になるし、舌を上に上げにくいからです。

 

④ハサミを全く使えない

普通の幼児用ハサミはこんなのです。

f:id:chantam:20170301163422p:plain

まず上手く持てないのと、なんとか持ってチョッキンと切れても、そのあと持っている指を開く事が出来ません。指を開く要領が分からないみたいですあゝ不器用なり。

ここでも【苦手だからしない→しないから苦手なまま】という負のループです。

原因と解決策

原因は「不器用だから」なのですが、出来ないからしない→しないから出来ないの負のループがここにもあります。作業療法士さんのアドバイスは『バネ付きハサミ』を使うことを勧められました。

はて?バネ付きハサミって?

 これです、これ!クツワのハサミ!

バネが付いているので、チョッキンと切ったら自然に開きます

チョッキン→バネで開く→チョッキン→バネで開くという風にチョキチョキいけるんです。

息子も個別訓練でこのハサミを使うとスムーズにチョキチョキ出来ました。

ほほ〜こんなハサミがあるのね〜と目から鱗でしたよ!!

スムーズにチョキチョキ出来ると楽しかったみたいで、ハサミを嫌がらなくなりました!

 

※長くなったので、⑤⑥⑦は次の記事に書きますね。

 

一旦まとめ

やはり何事も、【苦手(失敗しそう)だからしない→しないから苦手なまま】これが一番の原因ですね。石橋を叩きまくるだけで渡らないタイプか・・・!?

作業療法士さんも「息子くんは年齢の割に不器用な部分もありますが、それよりもトライしようとしない事と興味を持てない事が出来ない原因になっています。」と言っていました。

やっぱりな〜〜σ^_^;

息子が興味があるのは、数字!標識!マーク!文字!だもんね。食事や工作には興味ないもんなぁ。どうやって興味を持たせてトライさせるかは、親の力量によるところが大きいですね・・・。これが一番難しい所よ・・トホホ・・私にはお手あげなので、これからもプロに頼りまくります。

あとは使う道具を工夫する事も重要です。

出来るようになると楽しくなってくると思うので、地道に頑張ろう、息子よ!

 

次の記事に作業療法についての続きを書きますね。

広告
 

 

その他おすすめ記事はこちらです。

www.chantam.link

www.chantam.link

www.chantam.link

www.chantam.link