『自閉症の僕が跳びはねる理由』自閉症を本当の意味で受け入れられる本【著者:東田直樹】

『自閉症の僕が跳びはねる理由』 「僕たちは、自分の体さえ自分の思い通りにならなくて、じっとしていることも、言われた通りに動くこともできず、まるで不良品のロボットを運転しているようなものです。 いつもみんなにしかられ、その上弁解もできないなんて、僕は世の中の全ての人に見捨てられたような気持ちでした。 僕…