発達障害の早期発見の難しさ、早期療育の大切さを知った話

発達障害の子どもの療育は、早い方(より幼いとき)が有効性が高いと言われています。 しかし特に軽度の場合、発達・成長の違和感に気付くのは難しいです。 今回は、私の友人の子どもで現在小学4年生の発達障害のある男の子(A君と呼びます)のお話です。早期発見早期療育の大切さと難しさを感じたエピソードを紹介しま…