Chantam's Diary

 

Chantam's Diary~発達障害むすこ育児~

自閉症スペクトラム(発達障害)の息子と頑張る日々

広告

椅子にじっと座れない・疲れやすい・猫背・・・体幹が弱い子供の様々な問題点

5歳になった息子は自閉症スペクトラムです。以前より「体幹が弱い」事が分かっています。(体幹=インナーマッスル)

【じっと座れない・体の動かし方に違和感・猫背・疲れやすい】など、お子さんに思い当たる場合、もしかしたら体幹が弱いことが原因の1つかもしれません。

息子を担当してくれている作業療法の先生いわく「体幹が弱いと、体の動きや発達に様々な支障が出る」そうです。息子が通っている療育園は色々な障害を抱えた子ども達がいますが、体幹が弱い子がすごく多いのです。

今回は息子の体幹の弱さについて書いていきます。

 

体幹が弱い

息子は体幹が弱いゆえの問題がいくつかあります。(現在はマシになったものも含め)

  • 椅子にじっと座れない
  • テーブルの上にしなだれる
  • すぐ疲れて横になりたがる
  • 猫背
  • 腕の力が弱い
  • 不器用でクレヨンを使う等が苦手

このような問題点は3歳代で通っていた療育に引き続き、今通っている園でも定期的に作業療法の先生(OT)に見てもらっています。

※その他OT関連の記事も読んでみて下さい↓

www.chantam.link

www.chantam.link

 

そして分かったこと、

  • じっと座れないのは体幹が弱いせい
  • 腕の力や指先の動きは、まず体幹から
ということです。

f:id:chantam:20180519211246j:plain

じっと座れないのは多動のせいではない

3歳から療育に通っていて、その当時「うちの子多動かも?」と思っていました。

だってみんな椅子に座っているのに、息子だけすぐ立ち上がろうとしたり、椅子からズルズルと滑り落ちようとしたり。すごく落ち着きがなかったんです。

でもこれは後にOTの観点から、多動ではなく体幹が弱い為、姿勢を保つ事が難しいのだと教わりました。

確かに思いあたる節があって。

なんだかうちの子ふにゃふにゃしてる・・・と赤ちゃんの頃からずっと思っていたんです。他の子に比べて柔らかいというか、歩き方など動き全般がふにゃふにゃだったんです。ハイハイも遅かったし、ハイハイの時期が短かったです。

では私が息子の体幹が弱いと知り、改善に向けて行ったことを書きます。

広告
 

とにかく身体を動かして遊ばせる

このふにゃふにゃ(体幹が弱いこと)に対して、私が意識した事はとにかく身体を動かして遊ばせる事です。体幹を鍛えるのに良いと言われるトランポリンを買いました。しかしその他特別な事は何もしておらず、あとはひたすら公園遊びで息子の体幹は鍛えられてきたと思います。

ブランコも怖がって4歳過ぎても乗れなかったのは、体幹が弱いせいと握る力が弱いせいで不安定だったからです。

ふにゃふにゃから数年

5歳になった今、ふにゃふにゃ感はなくなりつつあります。走り方もしっかりしてきて、身体も男の子らしいといいますか、たくましくなっています。(同い年の男の子と比べるとまだ少しふにゃふにゃかも・・・)

 

しかし腕の動きが違和感ある・不器用

5歳になり以前より体幹はしっかりしてきましたが、不器用さや腕(特に肘から下)の動きに違和感はあります。握る力が弱い・不器用などの問題はまだ残っています。上にも書きましたが、息子の場合、体幹がしっかりするのが遅かった為、当然他の子に比べると不器用なのも仕方ないことなんですよね。

①体幹→②腕の動き→③指先の動きの順番で発達するそうなので、体幹がしっかりしないことには、いくら練習しても腕・指先の力や動きは発達しにくいんですよね。

息子はそろそろ体幹のしっかりしてきたので、腕や指先の動きを鍛えていきたいところです。

 

引き続き作業療法の先生に頼る

過去の記事にも何回も書いていますが、未だに右利きか左利きか定まっておらず、手先の不器用さはピカイチです。

なので引き続きOTのお世話になります。

息子の場合は、あれこれ練習させられるのが大嫌いで、失敗を極端に嫌がります。不器用さはこの特性の影響もあるので、慎重に気長に見てもらおうと思います。

私が出来ることは、体幹筋をますますアップさせる為にひたすら公園遊びに付き合うこと。以前に比べて体幹がしっかりしてきたとは言え、まだまだ椅子にじっと座るのは苦手です。あと相変わらず猫背気味です。体幹鍛えていくでー!!

 

特性は様々な視点から考える

発達障害の子を持つ方には分かると思うんですが、何か問題があったとして、その解決方法を様々な視点から見る事が大切なんです。すごく難しい事です。

不器用さは体幹の問題だけど、それだけでは解決しないし、じっと座れないのも体幹の問題もあるけれど、他の視点からのアプローチも必要なんですよね。

息子の場合は、苦手な事へのチャレンジを拒み気味・失敗を極端に嫌う・強制させられるのは嫌いなどの特性も複雑に絡み合い+体幹の弱さなんです。これらにもじゅうぶん配慮しつつ体幹の問題を解決したいところです。

うーむ、素人には難しすぎるやないか!

プロ!プロの先生方、頼みます!

 

まとめ

じっと座れない、姿勢が崩れやすい、不器用、猫背・・・それはもしかしたら体幹が弱い事が原因の1つかもしれません。そんな時は作業療法の先生に頼ることをおすすめします。目から鱗のアドバイスがもらえるかもしれません。

発達障害児は体幹が弱い子が多いそうです。でも適切なアプローチで、ゆっくりながら改善出来ると信じて!成長を見守っていきたいです。

広告